結婚したばかりの妻と一緒に日本に戻りたい /to bring my wife soon after marriage

配偶者

就労ビザをもって、日本で働く外国人が、母国に残してきた家族を日本に呼んで一緒に暮らす場合のビザ手続きは、こちらに記載した通りです。

家族を呼び寄せるには / to bring a family to Japan
日本で働いている外国人が母国から妻や子どもを呼び寄せたい、または、日本で働いている間に結婚した母国の人を日本に呼び寄せたいときは、日本から、「家族滞在」の在留資格認定証明書を取得します。 to get the Certificate of Eligibility ' Dependent' to bring a family

ですが、中には、独身で日本で働いている間に、同じ国の人と母国で結婚式を挙げる方もいらっしゃいます。

よくあるのが、「母国で結婚式を挙げた後、妻と一緒に日本に戻りたい」というお問い合わせです。

母国で結婚式を挙げ、妻と一緒に入国したいケース

配偶者を呼ぶ通常の手続き / Basic procedure to bring a spouse

就労資格を持つ外国人の配偶者の在留資格は「家族滞在」。

その認定証明書を取得するためには、「結婚証明書」が必要になるため、結婚前に申請することはできません。

原則、日本で働く外国人が母国等に戻って結婚した場合、先に1人で日本に帰り、日本から配偶者を呼ぶ手続きをすることになります。通常の手続きの流れは次のとおり。

  1. 外国で結婚後、日本で働いているAさんが先に日本に戻る。
  2. 日本から、配偶者の「在留資格認定証明書交付申請」(「家族滞在」)を行う
  3. 認定証明書(COE)が発行されたら(受理後1~3ヵ月程度)、配偶者に送る
  4. 配偶者が自国の日本大使館(または領事館)でビザ申請をする。
  5. ビザが発行されたら(受理後5日程度)、配偶者が入国

配偶者と一緒に日本に帰りたい

しかし多いのが、次のようなケースです。

就労ビザを持って日本で働いているインド人Aさんが、インド人の妻と結婚式を挙げるためにインドにしばらく帰国。結婚式後、妻と一緒に日本に戻りたい。
こういう場合、Aさんが結婚後も数ヵ月インドにいることができるのであれば、先にひとりで日本に戻ることなく、妻と一緒に日本に入国することもできなくはありません。
ただし、日本で私のような行政書士などと協力することが必要です。

ただし、COEが発行されるのに1~3ヵ月、ビザが発行されるのに5日程度かかるため、Aさんが長くインドにいられないと、一緒に日本に入国することはできないことになります。

結婚後、2ヵ月程度インドにいられるような場合は、試してみる価値はあります。

当オフィス
Our office
扶養者(日本で働く外国人)
Supporter living in Japan
配偶者
Applicant living abroad
面談&契約 / Consultation & Making a contract  
  着手金(50,000yen)の入金
Money to start 
 
申請書等の作成
Writing application forms
(申請書・身元保証書・理由書等)
必要書類の収集
Collecting documents
(出生証明書・課税証明書・納税証明書・証明写真・家族写真等)
 

当オフィスに必要書類送付
Sending the documents to our office

 
書類の修正・翻訳等
revision / translation
   
申請書を扶養者に送付
Sending an application form to the supporter
   
  申請書に署名し、当事務所に返送
Writing a signature on the applications form and return them to our office
 
  結婚式のため、海外に行く  
  結婚式
  結婚証明書と結婚式の写真を当オフィスに送付する(結婚証明書が二度と発行されないような国の場合は、PDFでよい場合もある)  
入管に申請
Submitting the application forms to the Immigration
   
認定証明書(COE)を入管で受領する
Obtaining the CoE at the Immigration

残金のお支払い(+郵送料)
Payment of the remaining amount + the postage

 

認定証明書(COE)をインドの扶養者(または申請者)に郵送する

 

 

 

 

COEをもって、現地の大使館(または領事館)にてビザ申請

認定書(CoE)を入管で受領

 

 

認定書を扶養者に送付
Sending the CoE to the Supporter
   
    在外公館にて査証(VISA)申請
Applying for a visa at the Embassy
  COE交付日の3ヵ月以内に入国・在留カード取得
Entrying Japan within 3 months

もしも不許可になったら / If denied

①入管に理由を聞きに同行します。
We accompany you to the Immigration to ask why it was denied.

②再申請ができる場合は、無料で1回再申請をします。
We re-apply to the Immigration once for free when it’s capable to do.

③再申請も不許可で、依頼者に落ち度のない場合は、着手金のうち2万円以外を返金します。
When re-application is also denied and there is no fault on your part, We will refund other than 20,000 yen of the start money.

様々な生活サポート / Other services

私たちは、外国の方に日本を好きになってもらいたいと願っております。

そのため、日本の事情がわからずお困りのご家族のための生活サポートもしています。

ぜひ、お問い合わせください。

  • 空港までお迎え
  • 役所・銀行・病院・お子さんの学校などへの同行・手続きサポート
  • 日本語レッスン
  • お子さんの宿題などのサポート
  • 習い事や塾探しサポ―ト
  • その他

We’d like foreign nationals to love Japan. We support you with problems in life such as ;

  • pick up at the airport
  • accompany to a city hall, banks, hospitals, children’s school etc.
  • Japanese lesson
  • support for children’s homework
  • others

コメント

タイトルとURLをコピーしました