就労資格証明書交付申請

就労資格証明書交付申請とは、就労のための在留資格をもって日本に在留している外国人の在留資格が、新たにつく職務に対しての在留資格該当性があるかどうかを証明するための申請です。

転職をする際に、就労資格証明書交付申請が義務となるわけではありません。

提出者

①在留資格の変更を希望する外国人本人
②申請取次者(申請取次の資格を持った弁護士か行政書士)
③申請人本人の法定代理人

申請場所

申請人の住居地を管轄する地方出入国在留管理局

申請時期

今ある在留資格が有効期限内の希望するとき。

標準審査期間

当日

*勤務先を変えた場合などは1~3ヵ月

結果の通知方法

許 可 通知書の郵送をもって通知

不交付 不許可通知の郵送をもって通知
➡本人に出頭するよう指示があり、口頭で不許可理由を伝えられる。(正確に把握するために、当オフィスの行政書士も同行)
許可を受ける者 ①外国人本人
②申請取次者(届け出た弁護士か行政書士)
*本人が出国中は許可を受けることはできない
③申請人本人の法定代理人
許可を受ける場所 申請した地方出入国在留管理局
許可を受ける方法

①通知書 ②パスポート ③在留カード ④手数料納付書に収入印紙900円を貼付
持参して、地方出入国在留管理局へ提出

HP

出入国在留管理庁

 

ビザサポート高田馬場の入国在留関係手続

勤務先を変えない場合:報酬33,000円+印紙代900円

勤務先を変えた場合:報酬44,000円+印紙代900円

ビザサポート高田馬場 申請人
必要書類の案内 報酬等のお支払い
  必要書類の準備(Eメールにて送付)
申請書作成  
  申請書類を当オフィスに送付
(パスポート、在留カード原本)

地方出入国在留管理局にて申請
➡一式を返却

 

<以下、勤務先を変えた場合>

パスポート・在留カードを一時返却

 

審査終了通知書(ハガキ)受領
➡申請人に連絡

 
 

結果受領のための必要書類を、当オフィスに送付(パスポート・在留カード)

地方出入国在留管理局にて結果受領

➡一式の返却

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました