再入国許可申請/a re-entry permit

日本に在留する外国人が、一時的に出国し再び日本に入国しようとする場合に、入国・上陸手続きを簡略化するために、出国前に与えられる許可が再入国許可です。

1年以内に再入国する場合は「みなし再入国許可」でも大丈夫ですが、それ以上日本を離れる場合は「再入国許可」を取得しましょう。

再入国許可の要件

  1. 正規の在留者で、相当期間日本に在留する者であること
  2. 在留期間の満了日以前に日本に再び入国する意図をもって出国しようとする場合

みなし再入国許可(1年以内に再入国する場合)/in 1 year

「短期滞在」の在留資格以外の方が、出国の日から1年以内に再入国をする場合には、空港で、出国から1年以内の再入国が可能な「みなし再入国許可」を得ることができます。

手続

空港で、パスポートと在留カードを提示し、再入国出国記録(再入国EDカード)の「一時的な出国であり、再入国する予定です」欄をチェックして、「みなし再入国許可による出国を希望する」ことを空港の入国審査官に伝える。

通常の再入国許可を持っていない場合、このみなし再入国許可を得ずに出国すると、その時点で在留資格を失い、再度入国手続きを最初からやり直す必要があるので、注意!

再入国許可申請(1年以上、日本を離れる場合)/more than 1 year

地方出入国在留管理局において、再入国許可を得てから出国する必要があります。

再入国許可には、次の2種類があります。

①1回限り有効のもの(許可の手数料3,000円)
②有効期間内であれば何回も使用できるもの(許可の手数料6,000円)
許可期限内(在留期間の範囲内で、5年間を最長として決定される)に再入国しなかった場合は、在留資格が取消となるので注意!

 

当オフィスの再入国許可申請

報酬 16,500円
*別途、許可の時の入管手数料(1回3,000円・数次6,000円)

ビザサポート高田馬場 申請人
必要書類の案内 報酬と入管手数料をご入金ください(手渡し、振込等)

申請書作成

*書類にサインをいただきます

当事務所にお渡しまたは郵送するもの
(必ずコピーを保持)

  • パスポート原本
  • 在留カード原本
出入国在留管理庁に申請  

当日のうちに、許可証等をお送りします

  • 再入国許可証
  • パスポート
  • 在留カード
 
出入国在留管理庁HP  

出国中にパスポートや在留カードをなくした方

再入国許可(みなし再入国許可を含む)で出国中に、パスポートや在留カードをなくされた方、または新パスポートを発給したことで古いパスポートを回収し、日本への再入国が可能であることを示す資料がない場合,代理人等を通じて、再入国許可期限の証明を受けることができます。

※代理人の方等:本人と同居する親族または本人から委任を受けたことを証する書面(委任状)を所持する方のこと。

※委任状は,FAX等で受任者に送付したもので大丈夫です。
再入国許可期限証明願【PDF】
委任状(参考様式)【PDF】
  

タイトルとURLをコピーしました