在留期間更新許可申請/Extension for staying

在留期間更新許可申請とは、既に中長期在留資格を持っている申請者の在留期限が迫った際に、引き続き同じ在留資格に対して該当する活動を行おうとする者が在留期限を更新するための申請です。

在留期間更新許可申請の流れ

申請書類提出者

①外国人本人
②申請取次者(申請取次の資格を持った弁護士か行政書士)
*申請取次者が申請する場合でも、申請人が日本に滞在していなければならないので、出国中は申請することができない。
③申請人本人の法定代理人

申請場所

申請人の居住地を管轄する地方出入国在留管理局

申請時期

在留期間の満了日のおよそ3か月前から申請することができ、満了日までに申請しなければならない。

標準審査期間

2週間から1ヵ月
*追加資料の要求を受けた場合等、長期化することもあります。

結果の通知方法

許 可 通知書の郵送を以って通知

不交付 不許可通知の郵送を以って通知
➡本人に出頭するよう指示があり、口頭で不許可理由を伝えられる。(正確に把握するために、当オフィスの行政書士も同行)
許可を受ける者 ①外国人本人
②申請取次者(申請取次の資格を持った弁護士か行政書士)
③申請人本人の法定代理人
許可を受ける場所 申請した地方出入国在留管理局
許可を受ける方法

①通知書 ②パスポート ③在留カード ④手数料納付書に収入印紙4,000円を添付して、地方出入国在留管理局へ提出

➡新しい在留カードの交付(新たな在留資格および在留期間を確認)

在留期間の特例

申請に対する処分が在留期間の満了日までにされないときは、その在留期間の満了後も、当該処分がされるとき又は従前の在留期間の満了の日から2ヵ月を経過する日のいずれか早いときまで、引き続き当該在留資格をもって在留することができる。
*この期間の出国も可能だが、在留期間の満了後2ヵ月以内に許可を受けなければならないので、余裕をもって再入国すること。

 

ビザサポート高田馬場の在留期間更新許可手続きの流れ

報酬

事情変更なし 55,000円 / 事情変更あり 77,000円

ビザサポート高田馬場 申請人
必要書類の案内 着手金 22,000円のお支払い
  必要書類の準備(Eメールにて送付)
*会社関連書類に関しては、受入れ先の人事宛てに直接案内することもある
申請書作成  
人事・申請人宛に申請書を送付(署名・押印)  
  申請書類の準備・送付
(パスポート、在留カード原本を含む)

地方出入国在留管理局にて申請

*およそ20~25日(カテゴリーに関係なく一律)

➡パスポート・在留カードを一時返却

 

審査終了通知書(ハガキ)受領

➡申請人に連絡

残金のお支払い
 

結果受領のための必要書類を準備し、当オフィスに送付(パスポート・在留カードを含む)

地方出入国在留管理局にて結果受領

➡パスポート返却、在留カード(新・旧)原本の返却

 
  パスポート返却、在留カード(新・旧)原本の受領
タイトルとURLをコピーしました