Highly-Skilled Foreign Professionals / 高度専門職

高度専門職とは / What is “highly-skilled foreign professionals”?

高度専門職とは、海外の優秀な外国人を呼び込み、日本経済を活性化させるため、優秀な外国人が取得できる在留資格です。高度専門職には、多くの優遇措置があります。

ポイント計算システムの下、高度人材の基準をクリアしている場合、この在留資格で入国あるいは変更することができます。

高度専門職の資格があるかどうか、ポイントを計算してみましょう。

“Highly-skilled foreign professionals” is a status of residence that can be obtained by excellent foreigners in order to revitalize the Japanese economy.

Under the points-based system, foreign nationals recognized as highly-skilled foreign professionals” will be given preferential immigration treatment.

Let’s check out wheather you have enough scores to be qualified as “highly-skilled foreign professionals” by Points Calculation Table.

ポイント計算表

Points Caluculation Reference Form

高度専門職の基準 / Criterias for “highly-skilled foreign professionals”

  • 70ポイント以上 / Foreigners who score 70 points or higher
  • 年収300万円以上 / Annual inocme of 3 million yen or more is required to apply .
在留期間5年のうち、ポイントが70点以下や年収が減少した時点で、高度専門職の在留資格がなくなるわけではありませんが、在留期間更新申請の際に基準を満たない場合は、更新されません。
The status of residence does not disappear when the points get 70 points or less or the annual income decreases, but when applying for renewal of the period of stay, it will not be renewed.
<ポイント計算の年収 / Annual income for point calculation
・予定年収に基づいて判断される。/ based on the expected annual income
・基本給・ボーナス・勤勉手当・調整手当等が含まれる。
Basic salary, bonus, diligence allowance, adjustment allowance, etc. are included.
・残業代・通勤手当・扶養手当・住宅手当等は含まれない。
Overtime pay, commuting allowance, dependent allowance, housing allowance, etc. are NOT included.
・外国の会社等から転勤の場合、報酬が海外の会社から支払われる場合は、その報酬がポイント計算に含まれる。
In the case of transfer from a foreign company, etc., if the salary is paid by an overseas company, it is included in the point calculation.

Highly-Skilled Foreign Professionals

hor

(Immigration Services Agency of Japan)

 

4種の高度専門職 / The 4 types of activities for “highly-skilled foreign professionals”

高度専門職には、次の4種類があります。それぞれ別の在留資格として扱われるため、違う活動を行おうとする場合は、在留資格変更許可を受ける必要があります。
There are 4 types of “highly-skilled foreign professionals”. Each is treated as a diffenrent status of residence, so if you want to carry out different activities, you need to obtain permission to change your status of residence.

  • 高度専門職1号イロハ:イロハの区分を変更したり、所属機関を変更したときは、在留資格の変更が必要
    Highly Skilled Professional (i-a)(i-b)(i-c): If you cange the classification of abc or change the institution you belong to, you need to change your status of residence.
  • 高度専門職2号:在留資格変更許可は不要(所属機関等に関する変更届出は必要)
    Highly Skilled Professional(ii): You don’t have to change the status. 
高度専門職(1号イ)
Highly Skilled Professional (i) (a)

日本の公私の機関との契約に基いて行う研究、研究の指導又は教育をする活動
Activities to conduct research or education based on contracts with public or private institutions in Japan.

・「教授」「研究」「教育」
such as ”Researcher”, “Professor” 

・関連事業の経営活動や、他の機関での研究等の活動も認められる。
Management activities of related businesses and activities such as research at other institutions are also permitted.

高度専門職(1号ロ)
Highly Skilled Professional (i) (b)

日本の公私の機関との契約に基いて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動
Activities that require knowledge or skills belonging to the fields of natural sciences or humanities based on contracts with public or private institutions in Japan.

・「技術・人文知識(*国際業務は不可)」「企業内転勤」「法律・会計業務」など
Advanced specialized/technical activities, such as ”Engineer/Humanity” “Transfer within a company” “law/accountant”

・特定の本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学または人文科学の分野に属する業務に従事する活動。

・関連事業の経営活動を行うことが認められる。

高度専門職(1号ハ)
Highly Skilled Professional (i) (c)

日本の営利を目的とする法人等の経営を行い又は管理に従事する活動

・「経営管理」など(相当規模の企業の経営者、管理者等が典型)

Advanced business and management activities, such as “Business Manager”

高度専門職2号
Highly Skilled Professional (ii)

高度専門職1号をもって3年以上在留した外国人のための在留資格。高度専門職1号からのみ変更できる。

Foreigners who have been active as a Highly Skilled Professional (i) for 3 years or more can qualify as a Highly Skilled Professional (ii).

優遇措置 / Preferential immigration treatment

高度専門職1号 / Highly-skilled foreign professionals (i)

  1. 複合的な在留活動 / Allowing multiple activities
  2. 在留期間: 5年 / Period of stay: five years
  3. 永住許可のための居住歴要件が短くなる / Shorter residence history requirements for permanent residence
  4. 配偶者の就労 / Spouse can work.
  5. 親を呼ぶことができる / Permission to bring parents under a certain set of conditions
  6. 家事使用人を呼ぶことができる / Permission to bring a housekeeper under a certain set of conditions

  7. 入国・居住手続きの優先処理 :審査が5~10日/ Priority handling of procedures for entry and residence
親の帯同要件 / Requirements to call parents
・7歳未満の子を養育する場合または高度人材または配偶者の妊娠中の介助を行う場合 / when raising a child under the age of 7 or when assisting a “highly-skilled professional” residence or his/her spouse during pregnancy
・世帯年収が800万円以上 / annual income: 8 million yen or more
・高度人材と同居 / to live together in Japan
・高度人材またはその配偶者のどちらかの親に限る(一方であれば両親でも可) / either parent only of a “highly-skilled professional” residence or his/her spouse
 

高度専門職2号 / Highly Skilled foreign Professional (ii)

  1. 高度専門職1号の活動とともに、ほぼすべての活動を行うことができる / Can perform activities classified under almost all work statuses of residence along with the activities of “Highly Skilled Professional (i)”
  2. 在留期限:無期限 / Unlimited period of stay
  3. 上記の3~7の優遇措置 / Can receive preferential treatment for No. 3 to 7 above
 
高度専門職1号の外国人は3ヵ月、2号の外国人は6ヶ月以上、在留資格にあった業務をしていないことが判明した場合、正当な理由がある場合を除いて、在留資格取り消しの対象となります。
 

高度専門職のデメリット

  1. 高度専門職1号の場合、転職したときに、在留資格変更手続きが必要になる。
  2. カテゴリー1または2の機関に勤める外国人にとって、他の在留資格よりも書類の数が増える
  3. 家事使用人を雇用する要件(1,000万円以上の世帯年収)が、「経営・管理」よりも難しくなる

Details

Procedures and necessary documents

Business owners who will employ highly skilled professionals need to submitt a notification to Hello Work

申請のタイミング

  1. 高度人材の基準を満たす外国人を海外から呼び寄せるタイミング
  2. 転職・昇給等で高度人材の基準を満たすようになったタイミング
  3. 次の更新のタイミングで

東京入管の場合、まず事前に就労ビザの相談窓口でプレチェックを受け、その結果、高度人材の該当性があるかもしれないと判断されてはじめて、本申請ができるようになります。

高度専門職ビザが不許可になったら

仮に、高度専門職ビザが不許可になってしまったとしても、他の「就労ビザ」の期限がまだ残っていて、今の就労ビザの要件に問題がなければ、今のビザの更新を行えばよいことになります。
 高度専門職ビザが不許可になった後に、就労ビザを再度申請し直すのは時間がかかってしまいますよね。入管が、高度専門職ビザが難しそうと判断した時点で、正式な結果を出す前に他の就労ビザの申請書を記入して郵送するような指示があります。そこで就労ビザの要件に問題がなければ、高度専門職ビザではなく、就労ビザの申請にそのまま切り替えて審査してくれることが多いです。

この点についても、まずは入管にご確認ください。

When applying for Permanent Residence

  • Foreign nationals who scored 80 points or more can apply for permanent residence if having lived in Japan for a minimum of 1 year (continuously).
  • Foreign nationals who scored 70 points or more can apply for permanent residence if having lived in Japan for a minimum of 3 years (continuously).

You don’t have to already have “highly-skilled foreign professionals”. 

永住者には、7歳以下の子どもの世話のために、母国の親を呼び寄せる制度はありません。
そのような予定がある場合は、安易に永住に変更しない方がいい場合もあります。

Details

 

タイトルとURLをコピーしました